大会開催準備
 開催する大会情報を登録します。大会名や使用するレギュレーションを決定します。
 一度作ってしまえば、1週間後に同じ大会をコピーする機能などがありますので、
  以後の登録にはほとんど時間と手間を要しません。
  参加受付
 参加者を登録します。登録して参加チェックすることにより登録が完了します。
 過去の参加者をコピーしたり、顧客として登録した者を呼び出すことにより簡単に
  登録することができます。バーコードから登録顧客を呼び出すこともできます。
 個別にシード回戦を設定することができます。
 参加人数オーバー時には参加者を抽選することができます。
  勝敗登録〜結果発表
 直前回戦終了時点の順位(初戦はランダム)に基づきオートマッチングを行います。
 対戦表をプリンタ出力することができます。
 対戦が終わったら、各対戦ごとに勝敗結果を登録します。
 Aさんに2勝0敗と登録すれば、対戦相手のBさんに0勝2敗が自動登録されます。
 ドロップアウトもチェックひとつで行えます。
 最終結果画面で成績一覧を表示します。一覧をプリンタ出力できます。
 タイ順位者の順位を強制的に変動させることなどができます。
 最後まで残った者を対象に、スリーブなどのプレゼント抽選も行えます。
トップページ
製品情報
導入事例紹介
操作の流れ
導入費用
お問合せ
-
運営者情報
リンク
開発者blog
Copyright (C) System・Future Corpration All rights reserved.